ジクウ舎ヒストリー
メイキング編 経緯編

 ふと立ち寄ったログハウス展示場のポスト&ビームに一目ぼれ。
最初は、2階に自宅を構えた母屋を考え、工務店も他の地域の工務店を検討していました。
でも2階で子供が騒ぐとお客様もくつろげないし、阿蘇のことは阿蘇の人におまかせしよう…
ということで今の工務店さんにお世話になることにしました。
その後も変更に変更を重ね、ようやくたどり着きました。その間も二人目の出産や、二度の引越し、長男の入園、福岡との往復…
今考えたら大変だったな~。

2002年10月/造成開始

いよいよ造成開始。初めて見る巨大ユンボは迫力満点。客室から見る景色を良くする為に、土を盛り、高さにこだわりました。

2002年12月/ボーリング工事開始

こんなに大掛かりな作業だとは知りませんでした。
石油が出そう!
岩盤が硬くなかなか進まず、3月になって自慢の水がやっとでました。

2003年1月/母屋工事開

ベタ基礎といわれるしっかりした基礎です。
これだけを見るとすごく狭く感じるのですが、大工さんに言わせると「立ち上がったら全然違いますよ~」その通りでした。

2003年3月/丸太カット

 

自慢の丸太が続々到着。職人さんの手でひとつひとつ丁寧にカットされていきます。職人技に脱帽。

2003年3月/骨組み

剥き出しの梁も取り付け完了。
材料を捜すのが大変だったそうです。
右下の柱は、組み立てた後でも、少~しずつ回転しています。
木は生きていることを実感。

2003年4月/屋根

だいぶ家らしくなりました。
屋根の傾斜・軒の長さにもこだわり、大工さんともよく話をしました。
細かい設計図はなく、その場その場で、検討しながらの作業でした。
図面だけでは、素人の私達には実感がわかないので、このやり方は正解

2003年4月/

玄関は顔。第一印象を受けるもっとも重要な場所なので、力入ってます。
屋根勾配・寸法取りも納得。

2003年4月/

こうして一本一本、大工さんたちの手で母屋が立っていきます。
これはテラスを支える柱です。
わざと節を残し自然の風合いを大切にしました。

2003年4月/

屋根がつくと、ますます梁・柱の存在感が出てきました。
フロアは吹き抜けです。

2003年4月/

自然に溶け込むように屋根はモスグリーン、勾配は5寸5分。
最初はもっと緩やかにしたかったのですが、天井を高くする・ロフトを作るためにこの角度になりました。いまは満足。

2003年4月/

こんな感じです。かわいい煙突もつきました。

2003年6月/塗装作業

塗装の色は、雰囲気を決める重要なポイント。
何回もサンプルを作りながらながら決めました。
天気によっても微妙に変わるし、部分的に見るのと、全体で見るのとはまた違うし、木の質感によっても違うし、夫婦でも好みが違うし…
乏しい想像力を最大限に働かせて決めました。
考えた末の結果は、満足するもんですね

2003年5月/窓入る

木枠で作ったオリジナル窓。
懐かしさ・温かさをを感じる雰囲気にしたかったので、サッシは辞めました。
昔懐かしい小学校を思い出した私です。(歳がばれる!)

2003年5月/レンガ張り

漆喰を塗る前に、レンガを張り。
メーカーに出向き、選んできました。
ここでも色選びに迷い、ポイントとなるよう、赤系のレンガを選びました。
ちょっとプリティになりすぎたかな?

2003年5月/漆喰塗り

外壁用のレンガを室内の所々にもアクセントとしてはりました。
また壁面は、わざと塗りむらをつけて、凸凹にしています。

2003年5月/レンガ張2

薪ストーブ用のレンガ張りです。
壁面のレンガは、イギリスのアンティークもので、これもメーカーに行って選んできました。
やはり重みが違います。お値段も…
でもスペース的に広くないので、思い切って使いました。
ステージは耐火用の分厚いレンガです。

2003年4月/

 

最後の大工さんたちの仕事。足場がなくなると「終わった~」と実感します。と同時になぜか淋しい気分に…

 母屋は完成。その一部を御紹介します。
コテージ進行状況も、これから随時掲載していきます。お楽しみに!

2003年12月9日~30日

やっとコテージに着手できました。
お客様には御迷惑をおかけしますが、着々と進んでおります。

2004年1月

ところが、雪ばかり・・・ 工事もなかなか進まず。
雪景色に感動しながらも、3月オープンがチョット心配

1月20日やっと棟上。 ささやかな建前酒でお祝いしました。

コテージも梁をいかしたデザインです。
寒い中頑張って頂いてる大工さんたちに、頭が下がります。

ページの先頭へ