大自然の中のやさしい時間 ジクウ舎

ムービーを見る

ジクウ舎(や)… 時間と空間、自然の空間、自由な空間を楽しむ宿…という意味をこめました。
1000坪の敷地に、完全離れのお部屋が、5棟のみ。
阿蘇山麓標高650メートルの中腹に建ち、木々に囲まれ、聞こえてくるのは鳥のさえずりのみ…という静かな場所にあります。
雄大な自然に囲まれた、ここにしかない空気感をぜひ大切な方とご堪能ください。

動画を再生する

TEL:0967-63-3250

5つの離れ

ムービーを見る

ジクウ舎のお部屋の3ポイント

①全部屋に、内風呂・洗面がついています。お好きな時間に、他の人を気にすることなくお入りください。

②お湯は、地下160mからくみ上げた、阿蘇の天然水100%を沸かしています。カルキ等が入った水道水とは全く違う肌触りで、ご好評いただいています。

③壁は珪藻土を使用しており、ぬくもりがあると同時に、優れた通気性や浄化作用があるので、過ごしやすい空間になっています。

お部屋のご案内

お部屋5部屋は、すべて独立した離れです。

洋室ツインタイプ あけび

ツインベッド、フローリングの可愛いお部屋です。
当宿の中で一番小さなお部屋ですので、ご宿泊料も一番可愛いお値段です。

ムービーを見る

和室タイプ(2名様) くさふじ

畳のぬくもりはやはり落ち着きます。
ごろんと寝転がっておくつろぎください。

ムービーを見る

和洋室タイプ(2~3名様) のだけ

ツインベッドと和室のスペースが続きになった使い勝手のいいお部屋です。

ムービーを見る

和室タイプ(3名様) すいかずら

ツインベッドと和室のスペースが続きになった使い勝手のいいお部屋です。

ムービーを見る

和洋室タイプ(4~5名様) われもこう

一番広いお部屋です。
ツインベッドと和室が続きになっており、「のだけ」より和室スペースが広くなってます。
一番奥にあるので、お部屋からの景色も抜群です。
お二人でゆったり過ごすも良し、グループで楽しく過ごすも良し、です。

ムービーを見る

お願い

・お子様のご宿泊は すいかずら、われもこうのお二部屋のみお承りいたします。
添い寝のお子様でも、ほかのお部屋ではご宿泊いただけませんので、ご了承ください。

・備品/アメニティ:エアコン、薄型テレビ、電気ポット、冷蔵庫、歯ブラシ、ドライヤー、シャンプーリンス、ボディーソープ、タオル、バスタオル

・パジャマはありません。浴衣は一枚200円でお貸しします。
(料金変更の場合もございます。)

・Wi-Fiはレストランでご利用いただけます。

・おタバコはテラスにてお願いいたします。ご協力お願いいたします。

・小さなお子様がいらっしゃる場合、「お子様のお食事ある・なし」で大人料金が変わってきます。ご注意ください。

ジクウ舎自慢のナチュラルガーデン

忙しい刻を忘れて、自然の中に身を任す…それがジクウ舎での過ごし方です。
南外輪山の山並みや、眼下に広がる南阿蘇の田園風景に心和ませる…
夜には、天然のプラネタリウムを見上げる…
木陰で本を読む、テラスで庭を眺めながらお酒を飲む…
あなたはどんな時間をすごされますか?

オンラインでのご予約 宿泊プラン一覧はこちら

TEL:0967-63-3250

お料理

渾身のメニュー

お料理は主人が一人で作っています。
ですので、お待たせすることもあるかと思いますが、熱いものは熱いまま、タイミングを逃さず、阿蘇の恵まれた素材を、一番美味しい状態で味わって頂けるよう頑張って作ります。

ムービーを見る

夕食一例

朝食一例

小鳥のさえずりで目が覚める…
そんな爽やかな朝は、いつもより食欲が増すものです。
きれいな水で育った、南阿蘇産のほんとにおいしいご飯をたくさんお召し上がり頂くために完全和食です。

焼酎を一緒に…

焼酎好きのオーナーが集める、こだわりの焼酎を取り揃えております。
魔王、佐藤・伊佐美・なかむら・朝日・武者返し…
お手頃価格でご提供しております。
お食事とともに、また食後の語らいのひと時に、お楽しみください。

またオリジナル焼酎もございます。お土産としてもお勧めです。

お食事について

※夕食は、通常18:30~ 皆様ご一緒にお出しします。
朝食は、通常 8:00~8:30の間に食事処におこしください。
終了時間は特にもうけておりません。

※ご到着が18:30を過ぎる場合はお早目にご連絡ください。
お食事のお時間を変更いたしますが、夫婦二人でしておりますので、できるだけのご協力をいただけるとありがたいです。

美味しいお食事はログレストランで…

味しい食事の時間を楽しんでいただくためのこだわりの一つがこのログレストランです。
阿蘇の自然空間にぴったりのログは、木のぬくもりと暖炉、高さを持ち、開放感が出てくれば、食欲もさらにUP!
せかせか食べるお食事ではなく、おすすめの焼酎と共にゆっくりとひと時を過ごしませんか?

オンラインでのご予約 宿泊プラン一覧はこちら

TEL:0967-63-3250

阿蘇び処

阿蘇の奇跡

阿蘇山は世界最大級のカルデラです。
ジクウ舎も巨大なカルデラの中にあります。
そんな不思議な地形には見所がいっぱいあります。
自然が作った奇跡を楽しむのが、阿蘇の魅力の一つです。

主要観光地

一心行の大桜(車で5分)

樹齢400年あまりにもなる、樹高14mの大樹です。
この桜の花の壮大さもさることながら、周辺に咲く菜の花の開花時期と重なる為、桜と菜の花の彩りを同時に楽しむことができます。

白川水源(車で5分)

一日に9万t湧き出ると言われており、年間を通じて水温は14度を保っています。
日本の名水百選にも選ばれており、 地酒やミネラルウォーターなどに利用され地元の産業発展に役立っています。
透明度が高く、水が砂を巻き上げながら地面から湧き出る様子を見ることができるでしょう。

高森湧水トンネル (車で10分)

元々はトンネルとして工事が行われていましたが、昭和50年、工事中に大量の水が出てきた為、工事が中断されました。
その後、高森湧水トンネル公園という名称になっており、歩道や噴水が整備された憩いの空間となりました。
夏には七夕を、冬にはクリスマスをイメージした彩りが施され、水によって作られた幻想的な空間を楽しめます。

阿蘇ファームランド (車で20分)

「健康」をテーマにしたテーマパークとなっており、一般的な「テーマパーク」とは一味違った過ごし方ができます。
動物とのふれあいやハンドクラフトが楽しめる体験コーナーのほか、楽しく体を動かすための多くのアスレチック、そして疲れた体を癒す食事や宿泊コーナーなどが揃っています。

草千里(車で30分)

本来は火口であった場所ですが、現在は約1kmほどの草原が広がっています。
牛や馬といった動物が放牧されており、冬以外の4月~11月には乗馬の体験ができます。
中央の大きな池で水を飲む動物たちの姿は牧歌的であり、のどかなひと時を過ごせます。

阿蘇山頂(車で30分)

現在でも噴火活動を続けている山であり、火口からは火山活動の象徴である噴煙を上らせています。
地面も山肌がむき出しであり、火口の様子も相まって原始的な地球の鼓動を感じられるでしょう。
有料の道路やロープウェイを利用することで火口を見学できますが、ガスや噴火への警戒などから規制が掛かる場合もあります。

高千穂・高千穂峡(宮崎)(車で1時間)

名勝・天然記念物として指定されている渓谷です。
パワースポットとして人気。神社めぐりは特にお勧めです。
かつて阿蘇山から流れた火砕流によって作られたこの谷は、今は多くの水と緑を擁する地形となっています。
貸しボートのサービスもあり、より身近に自然を感じることができます。

久住高原(大分)(車で1時間)

「阿蘇くじゅう国立公園」の中に含まれる地域です。
春には野焼きによって大地が黒々と焦げ、夏は息吹いた緑と空の色で青く染まり、秋には赤く染まった木々によって彩られ、冬は雪化粧によって白い世界が広がります。

黒川温泉(車で1時間)

阿蘇山の北に位置しており、屈指の人気温泉地として名を馳せています。
ほとんどの旅館に露天風呂があるため、自然を感じながら体の疲れを癒すことができます。

湯布院(車で2時間半)

「由布院温泉」「湯平温泉」「塚原温泉」の3種類の温泉地を擁しています。
歓楽街を含まず、規模の大きな旅館も存在しないため、穏やかな空気の中で温泉に浸かれます。

ご参考までに…

そのほかにも
・免の石トレッキング(南阿蘇村・要予約)・幣立神社(山都町)・天空の道(阿蘇市)・観音桜公園(南阿蘇村)等、お勧めスポットはたくさんあります。
お気軽にお訪ねください。

遠方の方は、黒川温泉、湯布院などに一泊されて、こちらにこられる方が多いようです。
もしもう少しお時間があれば、是非天草の「いるかウォッチング」(感激します!)・「海の幸を堪能」もお勧めです。

最近、宮崎・高千穂峡~天岩戸神社のパワースポットに行かれる方も多いようです。
空気感がやはり違います(当宿から1時間くらいでいけます)。

トレッキングがお好きな方は、南外輪山遊歩道のほか、のんびり水源めぐりもありますよ。

お子様づれは、カドリー・ドミニオン、ミルク牧場で動物とふれあったり、近くでは「あそ望の郷」で経済的に(^^)遊ぶこともできますよ。
(小さな小川が あり、芝生の公園なので、ボールなど遊具があればもっと楽しめます)。
「そば打ち体験」は、お昼ご飯もかねて、一石二鳥です。

雨の日は、美術館めぐりで決まりです(白水郷美術館、葉祥明美術館、大野勝彦美術館…いづれも村内にあります)。

阿蘇の観光お役立ちサイト

阿蘇よくわかりマップ 阿蘇のお店などの紹介サイト
南阿蘇村観光協会  
南阿蘇鉄道  
南アソナ 南阿蘇村の情報発信サイト
全国地図(マピオン) 熊本県を検索してください。
九州産交バス  
交通(ジョルダン) 乗り継ぎなど

TEL:0967-63-3250

交通アクセス

別ページで表示する

南阿蘇にひっそり佇むホテル ジクウ舎
〒869-1504 熊本県阿蘇郡南阿蘇村一関1497-7

交通のご案内

*熊本ICから R57、阿蘇大橋を通り 約50分(阿蘇大橋から20分)

*益城熊本空港ICから、俵山トンネルを通り約40分(熊本空港から約30分)

*JR熊本駅(50分)→豊肥本線・立野駅(20分)→南阿蘇鉄道・中松駅下車(送迎あり)

◆南阿蘇村への道案内
地震による道路損壊のため、熊本市方面からは迂回が必要となります。
主なルートは2本で、 「熊本インターから大津~ミルクロード経由」と、「熊本空港~西原村~俵山トンネル経由」になります。
どちらも阿蘇の雄大な景色を楽しむ意味では元のルートよりも見どころが多いと思います。

TEL:0967-63-3250

ジクウ舎ヒストリー

メイキング編

01 刻み編

 ふと立ち寄ったログハウス展示場のポスト&ビームに一目ぼれ。
最初は、2階に自宅を構えた母屋を考え、工務店も他の地域の工務店を検討していました。
でも2階で子供が騒ぐとお客様もくつろげないし、阿蘇のことは阿蘇の人におまかせしよう…
ということで今の工務店さんにお世話になることにしました。
その後も変更に変更を重ね、ようやくたどり着きました。
その間も二人目の出産や、二度の引越し、長男の入園、福岡との往復…今考えたら大変だったな~。

2002年10月/造成開始

いよいよ造成開始。
初めて見る巨大ユンボは迫力満点。
客室から見る景色を良くする為に、土を盛り、高さにこだわりました。

2002年12月/ボーリング工事開始

こんなに大掛かりな作業だとは知りませんでした。
石油が出そう!
岩盤が硬くなかなか進まず、3月になって自慢の水がやっとでました。

2003年1月/母屋工事開始

ベタ基礎といわれるしっかりした基礎です。
これだけを見るとすごく狭く感じるのですが、大工さんに言わせると「立ち上がったら全然違いますよ~」その通りでした。

2003年3月/丸太カット

自慢の丸太が続々到着。職人さんの手でひとつひとつ丁寧にカットされていきます。職人技に脱帽。

02 棟上げ編

2003年3月/骨組み

剥き出しの梁も取り付け完了。
材料を捜すのが大変だったそうです。
右下の柱は、組み立てた後でも、少~しずつ回転しています。
木は生きていることを実感。

2003年4月/屋根

だいぶ家らしくなりました。
屋根の傾斜・軒の長さにもこだわり、大工さんともよく話をしました。
細かい設計図はなく、その場その場で、検討しながらの作業でした。
図面だけでは、素人の私達には実感がわかないので、このやり方は正解

2003年4月/

玄関は顔。第一印象を受けるもっとも重要な場所なので、力入ってます。
屋根勾配・寸法取りも納得。

2003年4月/

こうして一本一本、大工さんたちの手で母屋が立っていきます。
これはテラスを支える柱です。
わざと節を残し自然の風合いを大切にしました。

2003年4月/

屋根がつくと、ますます梁・柱の存在感が出てきました。
フロアは吹き抜けです。

2003年4月/

自然に溶け込むように屋根はモスグリーン、勾配は5寸5分。
最初はもっと緩やかにしたかったのですが、天井を高くする・ロフトを作るためにこの角度になりました。いまは満足。

2003年4月/

こんな感じです。かわいい煙突もつきました。

03 仕上げ編

2003年6月/塗装作業

塗装の色は、雰囲気を決める重要なポイント。
何回もサンプルを作りながらながら決めました。
天気によっても微妙に変わるし、部分的に見るのと、全体で見るのとはまた違うし、木の質感によっても違うし、夫婦でも好みが違うし…
乏しい想像力を最大限に働かせて決めました。
考えた末の結果は、満足するもんですね

2003年5月/窓入る

木枠で作ったオリジナル窓。
懐かしさ・温かさをを感じる雰囲気にしたかったので、サッシは辞めました。
昔懐かしい小学校を思い出した私です。(歳がばれる!)

2003年5月/レンガ張り

漆喰を塗る前に、レンガを張り。
メーカーに出向き、選んできました。
ここでも色選びに迷い、ポイントとなるよう、赤系のレンガを選びました。
ちょっとプリティになりすぎたかな?

2003年5月/漆喰塗り

外壁用のレンガを室内の所々にもアクセントとしてはりました。
また壁面は、わざと塗りむらをつけて、凸凹にしています。

2003年5月/レンガ張2

薪ストーブ用のレンガ張りです。
壁面のレンガは、イギリスのアンティークもので、これもメーカーに行って選んできました。
やはり重みが違います。お値段も…
でもスペース的に広くないので、思い切って使いました。
ステージは耐火用の分厚いレンガです。

2003年4月/

     

最後の大工さんたちの仕事。
足場がなくなると「終わった~」と実感します。
と同時になぜか淋しい気分に…

04 完成編

 母屋は完成。その一部を御紹介します。
コテージ進行状況も、これから随時掲載していきます。
お楽しみに!

室内より見た入り口付近

南側窓を外から見たところ

念願の薪ストーブ
アメリカ製です

アンティークの荷車
一目惚れでした

玄関横の外壁につけたニッチ

夜の店内
こんな感じです

レトロ風照明で灯りの演出

05 コテージ編

2003年12月9日~30日

やっとコテージに着手できました。
お客様には御迷惑をおかけしますが、着々と進んでおります。

2004年1月

ところが、雪ばかり・・・ 工事もなかなか進まず。
雪景色に感動しながらも、3月オープンがチョット心配

1月20日やっと棟上。 ささやかな建前酒でお祝いしました。

コテージも梁をいかしたデザインです。
寒い中頑張って頂いてる大工さんたちに、頭が下がります。

経緯編

1999年4月/関西出身のダンナが初めて南阿蘇を旅行。

白水村にある一心行の桜、白川水源に感動。
今にして思えば、この時点で、白水村に永住する運命にあったのでしょうか。

1999年11月/長男阿蘇デビュー!

8月26日に生まれた長男は、白川水源の湧水の清らかさに感動し「湧介」と命名。
生後3ヶ月には親の身勝手で、阿蘇旅行デビューを果たしました。
かなり寒く、観光客の人から、「風邪ひかすな!」と注意を受けることもたびたび。でも楽しかったよ~。

2000年・2001年/旅行は阿蘇ばっかり・・・

ホントによく阿蘇に行きました。
いろんなペンション・民宿にも泊まりました。
次第に阿蘇永住の決意が強くなったようです。
私(妻)も専業主婦3年目で、そろそろ何かしたいな~という時期に突入。
ひと言アドバイス:
熊本空港ICで下りて、俵山峠を通るルートがお気に入り。
天から舞い降りる気分ですよ。ぜひお試しあれ。

2001年12月/転勤令と同時に、退職を決意

本格的に土地探し。
あらゆる不動産屋を訪ねたり、道なき道をとにかく走り回りました。(土地の単位が“坪”ではなく“反”なので感覚が違う。)
地元のいろんな方ともお話できました。今では貴重な財産。
ひと言アドバイス:
・田舎の土地探しは、地目をよくチェックしよう。(特別地域、農振地域、山林・畑など)
・村民の方は全員親戚?と思うほどつながりがひろい。
土地探しでも、いろいろ力になってもらいました。感謝。
・役場は頻繁に通おう。みなさん親切ですよ。

2002年5月/退職と同時に土地購入

約8ヶ月かけて出逢った場所、父ちゃんの直感で決定。
ついに買っちゃった960坪!お父さん感慨ひとしお。さあ~いよいよ始まりです。
ひと言アドバイス:
土地購入の時は、境界ははっきりさせておこう。
人の良さに甘えてなーなーにしておくと、やっぱり後で近隣の人に迷惑をかけてしまいます。

2002年7月/草刈

3日かけて草刈。お父さん頑張る
(田舎暮らしの醍醐味を結構楽しんでいる。)
途中で雷雨に会ったり、かぶと虫を見つけたり敷地にテントを張って昼寝をしたりと 時間を楽しんでいました。

2002年8月/遊ぶ

カヌー・釣り・木工作りなどなど何でもやってみました。
ひと言アドバイス:
田舎暮らしを楽しむ第1のポイント・・・
自分が楽しむこと・・・とダンナは申しております。

TEL:0967-63-3250

お問い合わせ

〒869-1504 熊本県南阿蘇郡阿蘇村一関1497-7
ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ

よくあるご質問

お問い合わせフォーム

内容を確認後、こちらから返信メールまたは電話でご連絡させていただきます。
気軽にお問い合わせください。

TEL:0967-63-3250

よくある質問

ペット…

種類にかかわらずお断りさせていただいております。

アメニティ…

5つの離れのページをご参照ください。
パジャマはありません。
浴衣を有料(200円程度)でお貸しします。

車いす利用…

車いす対応の設備はございませんが、できる限りのお手伝いをさせていただきます。

お子様のご宿泊について…

「すいかずら・われもこう」のお二部屋のみご宿泊を承っております。
年齢制限などはございません。
他のお部屋では、添い寝のお子様もお断りさせていただいております。
お子様のお食事あり、なしで大人料金が変わってまいります。
ご注意ください。

駐車場…

無料で5台分ございます。

食事…

食事棟で椅子でお召し上がりいただきます。

道がわかりにくいか…

R325を一度曲がればあとは一本道です。
ファミリーマート、JAガソリンスダンドがある交差点から100m高森方面に、「おおついちごえん」の看板があります。
そこを曲がれば一本道です。
南登山道と間違えられないようにご注意ください。

チェーン…

積雪の時は必要です。
R325はほとんどの場合大丈夫ですが、そこから2,3分坂をのぼるので、そこが必要です。
南阿蘇鉄道中松駅、R325沿いのコンビニまで送迎に参りますので、お問い合わせください。

到着が遅くなる…

通常18:30から、皆様ご一緒にお食事の時間となりますので、遅れられる場合はお早目にご連絡ください。
お時間変更いたします。
ただ、夫婦二人でしておりますので、できるだけご協力いただけるとありがたいです。

連泊について…

繁忙期(GW、お盆、年末年始)、祝日による連休、はお断りさせていただいております。

食物アレルギー…

できる範囲ではご対応いたしますが、重度の場合は安全性を考慮してお断りさせていただく場合がございます。

TEL:0967-63-3250

阿蘇山麓の宿 ジクウ舎

TEL:0967-63-3250

5つの離れ

TEL:0967-63-3250

洋室ツインタイプ あけび

TEL:0967-63-3250

和室タイプ(2名様) くさふじ

TEL:0967-63-3250

和洋室タイプ(2~3名様) のだけ

TEL:0967-63-3250

和室タイプ(3名様) すいかずら

TEL:0967-63-3250

和洋室タイプ(4~5名様) われもこう

TEL:0967-63-3250

お料理

TEL:0967-63-3250

メニュー